Logo

RESEARCH&
DEVELOPMENT

研究開発

Global
Partnership

グローバルパートナー

Koは最も優れたカンナビノイド製品を生み出すために複合的なグローバルパートナーシップを形成。
医学薬学の研究者・研究機関・バイオテクノロジー企業などと連携し、ウェルネスの未来をつくりあげます。

世界地図 世界地図
― ① 昭和大学
プレミア・ウェルネスサイエンス(株)
― ② Heilongjiang
Zhongsheng Biotech
― ③ Lexaria Bioscience Corp.

Research Fields

研究領域

抗老化・健康に係る6大要因をターゲットにカンナビノイド研究を推進。
4分野の基盤研究およびテクノロジーを確立し、順次、製品実用化を行います。

6大要因 6大要因

Skin/Human Biology

皮膚・生物化学
皮膚やヒトの体内で起きる様々な現象を、科学の力で可視化・定量化。
複雑な生体反応を紐解くことで、悩み・疾患解決の最適解を導き出す。
皮膚・生物化学イメージ
Drug DeliVery System
薬剤送達技術
高分子や超難溶性化合物など、生体内へのデリバリーが難しい有効成分を、様々な技術を掛け合わせることで送達させるための研究。
薬剤送達技術イメージ
Material Science
物質科学
薬剤送達技術と合わせて、健康に関する悩みや生活スタイルに合わせた多様な処方開発を達成するため、グローバルネットワークを用いて新規マテリアル探索を実施。
物質科学イメージ
Bio-Sensor
生体センサー
環境、人種、生活スタイルなどの違いにより生まれる個体差(個性)を把握し、日々の生体状態や体内に摂取する成分効果を数値化・可視化するセンサーの開発。
生体センサーイメージ

Joint Research

共同研究

佐藤 均教授

- 昭和大学薬学部 教授

研究題目 カンナビノイドを用いた共同研究および事業化に向けたに向けた包括連携協定
研究機関 昭和大学 薬学部基礎医療薬学講座
公式HPを見る

Research History

研究沿革

CBDおよびカンナビノイドを用いた研究沿革とKoプロダクトに係るアライアンスなど